〈アウェイクニング・ガイダンス〉のご案内

セッション・講座など

こんにちは。
命の開放コーチHARUです。

今回は、本気で目醒めに向かうための〈アウェイクニング・ガイダンス〉のご案内です。

結果の出るプログラム

〈アウェイクニング・ガイダンス〉を受けて、「すべての方が必ず目醒めます」とは言えません。

それは、その方が「どこまで受け止め実践するか」によるからです。


ですが、これが確実に目醒めることのできる方法ではあることは間違いありません。

もちろん、一時的な目醒め体験ではなく、実際にあり方の次元を上げます。

そのために必ず必要になるのが、こちら。
・人が目醒めに至るための進化段階に合わせたアプローチ
・一方的な学びでは得ることができない“今”のその方に必要なフィードバック


この二つのポイントをしっかり押さえています。

そして、あなたの最短ルートを知っている「ハイヤーセルフ」からのアドバイスに従ってサポートさせていただくことが、結果が出る最大のポイントになります。

目醒めの必要性

現在地球は、地軸の傾きによって起きている2万6千年周期の流れにより、3次元から5次元へと移行中。

それに伴い、私たちも5次元のあり方に変わっていく流れにあります。

【3次元】 
◆これまでの地球や、人の意識の次元。

◆様々な囚われを無意識に持ったまま、自我(エゴの自分)中心で生きるあり方。
スピリチュアルな表現では「眠り」と言われる状態。

このように、「目醒めた状態で生きる」ということが5次元で生きるということです。


では、なぜ今、目醒めに至る必要があるのでしょうか?
目醒めた方がいい理由が3つあります。

①何が起こるかわからない、これからの時代を軽快に生きる人間力
人の根底に大きく居座る「恐れ」から抜け出すことにより、人や環境に振り回されずに安心感、安定感の中で生きることができます。
その上で、視座が上がり、本質を見極めた選択が迷わずできるようになります。

②本来の魅力や能力を思う存分発揮
魂と一致して生きるようになると、ただやりたいことをやっていくことが、本来持っている魅力や能力を開いていくことになります。
そしてそれは、3次元的なワクワクや喜びとは次元が違う、深いワクワクや喜びを味わうことにも。
魂レベルでやりたいことは、結果「できること」。
また、やりたいように生きた結果、人のためにもなります。

③これからは、3次元のあり方のままでは苦しくなっていきます
3次元は、自分とは違う理想像を目指し、ありのままの自分を閉じるエネルギー。
5次元は、自分を受け入れ、内なる可能性を開いていくエネルギー。
現在、地球の流れ的に、閉じるエネルギーはますます閉じる方向へ、開くエネルギーはますます開く方向へ、拡大しながら加速しつつあります。
できるだけ早く5次元に向かうことをおすすめします。

魂の自分軸

〈アウェイクニング・ガイダンス〉の中でメインとなるのが、本当の自分である魂との対話です。

これができるようになることで、魂レベルでの自分軸で生きられるようになり、下記のようなあらゆる面で、迷うことなくベストな選択や行動ができるようになります。

●使命や伸ばしたい強み、それに対して今すべき行動など
●仕事面での大枠から細部まで
●人との付き合い方
●体調不良に対するベストな対処方法
●日々のタスク管理

命の開放コーチングとの違い

〈命の開放コーチング〉〈アウェイクニング・ガイダンス〉も目醒めに必要なことは取り入れますので、同じ部分もありますが、

〈命の開放コーチング〉は、目醒めだけではなく、人生全体を扱うイメージ。
そして、どちらかと言うとクライアントの伴走者(コーチ)として関わり、人生のあらゆる面でのお悩みに対して、セッションさせていただきます。

〈アウェイクニング・ガイダンス〉は、どちらかと言うと、目醒めのための方法を教える講師として関わらせていただきます。
より自主性を大切にしたい方は、こちらがおすすめです。


どちらが合っているのか迷った方は、お気軽にご相談ください。

アウェイクニング・ガイダンス〉の主なカリキュラム
●目醒めに向かうマインドの基本
●自分に合った魂との対話方法伝授
●魂レベルでの自分軸を育む各種ワーク
●トラウマやブロックを自分で癒すエネルギー療法

●未来のジブントリセツ

 〈アウェイクニング・ガイダンス〉のサポート内容
●Zoomで月1回(3時間)×7回
を基本とする個人講座
※数人での受講を希望される場合はご相談ください。
●必要に応じてセッション追加可能
●期間中は、メールでのご相談やご質問など無制限で受け付けます。
●期間中、必要に応じて「目醒めのイニシエーション」や「チャクラやオーラのエネルギー調整」もいたします。


気になる方はこちらから⬇︎

タイトルとURLをコピーしました